『ラスト・ソング』

中村さんが洋画の吹替えをされている
しかもメインキャスト
ってんで
須くレンタルしてきたこの作品。

作品紹介
大ヒット感動作「きみに読む物語」の作者ニコラス・スパークス原作・脚本で贈る、
涙と感動の物語。
人気トップ・アイドル、マイリー・サイラス主演を想定して書き下ろされた原作を映画化した、
親子の絆、初恋、そして青春の輝きと痛みを描いた珠玉の感動ドラマ!
ニューヨークに住むロニー(マイリー・サイラス)は、別居した父と共に夏を過ごすため、
弟と一緒に小さな海辺の町にやってくる。
両親の離婚に深く傷ついたロニーは、天賦のピアノの才能を持ちながら、
もう何年もピアノには触れず、全てに反抗的な態度をとり続けていた。
かつては音楽を通して心通わせた父との再会にも、自分を閉ざしたままだった。
やがて、ビーチで出会った青年ウィルに惹かれ、初恋にときめき始めるロニー。
ウィルの前でピアノを演奏したのをきっかけに、次第に父への反発も薄らいでいくのを感じていた。
しかし、ロニーは、この夏が、父と過ごすことのできる最後の夏だということを、
まだ知らなかった・・・。



キャスト
ロニー・ミラー    マイリー・サイラス /白石涼子
スティーブ・ミラー  グレッグ・キニア  /井上倫宏
ウィル・ブレークリー リアム・ヘムズワース/中村悠一
ジョナ・ミラー    ボビー・コールマン /小林翼
キム         ケリー・プレストン /田中敦子



白石さんのブログにて。
劇中で歌を唄うシーンもきっちり吹替え無いといけなくて
中村さんと体当たりで臨んだ
というコメントを読み、俄然見る気になったんですけど
問題のシーンは
白石さん演じるロニーが中村さん演じるウィルの運転する車中にて
「この曲好き~♪」といって唄い出し、
中村さんに←
「へぇ、君って歌が上手いんだ?」

とか言いながら白石さんと一緒に中村さんも歌いだすというシーンでした
中村さんは歌がヘタな設定だったらしいので
まだプレッシャーは軽いのではと思いますが
白石さんは「歌が上手い」という設定だし
ロニー役のマイリーはアーティスト…
これはハードル高いですよね☆
でも、白石さんとてもかっこよく唄ってらっしゃいました

白石さんといえば、
このロニー役の声…
ちょっとビックリしましたよ
私は白石さんは絶対可憐チルドレンの葵や
00のアニュー、ブレイクブレイドのニケなど
クリアで綺麗な声の女性役しか聞いた事無かったので
ロニーの声聞いた時にはそのハスキーボイスぶりに
もともと白石さんだと知っていながら
「これ、誰?」
と思ってしまいました☆

そして、お目当ての中村さんはというと…
メインキャストとはいえ
こちらの作品はロニーとその父親スティーブとの
心のふれあいがメインテーマなので
そんなに出番が多いわけではないのですが…

アニメではあまりありえない
熱い愛の言葉や
BLでは味わえない
普通の恋の駆け引きセリフが聞けて
ご満悦でした

洋画吹替え独特な間みたいなのも
そもそも洋画吹替えきっかけで声優の門徒を叩いた中村さんなので
自然に表現されていたように思います←ファンの慾目ですか?

先日WOWWOWでCheckしたナース・ジャッキーのクーパー役も
すごく合ってたし
(個人的には今回のウィル役よりもピッタリだった気がします☆)
今後、吹替えのお仕事増えるといいですね~

本懐であるアクションとかSFに出てくる様なタフガイ達の声を
担当されるのを楽しみに待ってますよ中村さん

…つか
私自身アクションとかSF映画が好きなだけですけどね

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

まさし
2011年03月21日 03:22
このラストソングの車のシーンで流れた曲名を教えてください。